上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
穂積が我が家のコになる ずっと前。


武蔵と大和を沼津市内の犬の美容院にお願いしたことがありました。
そこはこの辺りでは、「シュナウザーが得意」という話を聞いていたところでした。
もう既にRivさんに通っていたのですが、その日はどうしてもシャンプーだけお願いしたかったので、この辺りで
受けてくれる所を探していました。
夕方から シャンプーだけをお願いし「くれぐれもどこも切らないように」お願いしました。


迎えに行った時の武蔵と大和の姿に驚きました。

もう3年くらい経つかな・・・。
あまりにショックで パパと私の間でも、この話をしたことは3年の間に2回か3回くらい。
もっと言えば、そのお店の付近は通らない。

あっ、恨んでるのでもっと言えば、以前お店があった「学園通り」の元店舗前を通るのも苦しいくらい。

思い出すのも辛いというのか そこを選んでしまった自分、なにより武蔵と大和に申し訳なくて話せなかったな・・・。

お迎えに行った時、入口から武蔵と大和はトボトボトボ・・・・と声をあげるでもなく2匹揃って歩いて出てきました。トリマーさんにリードを持たれて。


文字にすると違和感無いかな・・・?

その時点で スグに何かされたんだ、とパパも私もわかりました。

どこに行っても どのワンちゃんでも普通なら飼い主との再会を喜びますよね?
武蔵と大和、いつも大騒ぎです。

大和にいたっては、会話がなりたたないくらいギャンギャン吠えて喜びます。


異様な雰囲気でした。でも 傷もなければ何かの痕があるわけでもない。ただただ異様な雰囲気の中
2匹は うなだれながら相変わらずトボトボトボ・・・・・・ただ車に乗りました。



実は このことについて何度か書こうと思い、でも書けなかったり・・・そんなことを繰り返してきました。
親しくして貰っているお友達にも なかなか言えなかった。
自分の中で こうしてオープンに出来るほど整理できなかったし、正直に言えば思い出したくなかった。

本当に、異様としかいいようのない空間・時間。
元気のいい大和に関しては普段、少々のことでは「いい薬だ」と笑ってる私も そういう次元の問題じゃなかったし気に入らなければ追いかけてでも文句を言う私が逆になんとも言えなくなってしまったくらい。


それから パパはシャンプーも爪切りも箱根越え・・・・。
どうしてもこの辺でやってもらわなければならない時には 最初から最後までずーーーーーーーーーっと見ている
イヤな客になりました。
「終わったら連絡しますよ?」って何回も言われても「いえ、いいです」ってガラス越しにずっと見てたらしいよー。
私にはできん。。。。







武蔵と大和が、そんな目にあったのは、もしかしたら 私が言った「くれぐれも 切らないでください」が気に入らなかったからかもしれません。




今、穂積と格闘している大和と オヤツを眺める武蔵が あのときの事を覚えていませんように・・・・・。

そして逆に、私はあのときのことを忘れないように。















スポンサーサイト
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。